CATEGORY 虚数

エロ漫画 遥と親父の子作り週間

無精子症なので嫌いな父親に精子提供してもらおうと思ったら、父親が「性交渉でしか精子はやらん!」とか言い出して、断ろうと思ったら奥さんが意外とノリノリだったというお話です。

※注意:妻である遥は、夫の父親とセックスすることに対して何とも思っていないので、葛藤といったものが一切なく、夫のことも変わらず愛しているので、本作品は到底NTRと呼べるものではありません。しかし、「純愛」といったタグをつけると騙されたとお考えになる方もいらっしゃるかもしれないので、念の為「NTR」タグをつけさせていただきます。NTRガチ勢諸兄のみなさまはよく検討した上でのご購入をおすすめします。以下、あらすじ

主人公・大山亮太は、妻である遥と幸せな生活を送っていました。二人の夢は●●を持つことでしたが、残念ながら亮太は無精子症であり、●●を作れない子〇であることが判明しました。そこで、せめて夫の遺伝子を持った●●が欲しいということで、亮太の父親・剛(つまり義父)に精子提供を頼むことに。しかし亮太の父はパワハラクソ親父で、セックスでしか精子提供はしないと言い張ります。この提案に対し、案外遥がノリノリだったため、軽く威圧されただけで亮太は条件をのんでしまいます。こうして遥の排卵日までの一週間、遥と父親は中出しセックスをしまくることになるのです。その結果●●も生まれ、三人とも幸せになります。

84ページ(本文81ページ+表紙+裏表紙+あとがき)
本文グレースケール